英単語の覚え方のコツ。「書く」より「イメージ」が大事

英単語がなかなか覚えられません

もう、40半ばですし、ね。

記憶力もどんどん低下しています。

でも、英単語を覚えないと、英語は上達しないんです

これ、ぜったい。

最近、私が取り入れている方法は、

  • 一定時間ごとの見直し
  • イメージを取り入れる

です。「書く」こともやってるんですが時間がかかるのがネックなんですよね。。

一定時間ごとの見直し

よくいわれる、忘却曲線がらみのこと。

今日は10単語おぼえるぞ!!

は、若いからできたことなんですね。。。

年を重ねた今となっては、効率よくいかないといけませんね。

 

新しいことを覚えても30分経つと半分忘れてしまうというメモリー機能。私の記憶だとほぼ全部忘れていることでしょう。。。

 

というわけで、英単語を覚えるには

こまめに見直す

が大事だと最近はとくに強く思うようになりました。

最近は、英単語を覚える→30分後に見直す

その後も、気が付いたら見直しするようにしています。

 

見直し、といってもざっと読み流す・見るというレベルです。がっつりやっている感じではありません。

一度に数多くの英単語に集中するのではなく、多くの単語をざっと見る感じかな。

何よりも、こまめに何度もが大事。

短期間で何回も復習をすることで、やっと記憶に定着できるようになります。

せっかく覚えようと努力してるんだったら、ちょっと面倒でもちゃんと覚えられるようにしたい!!

ちょこちょこ見直すのってかなり面倒なんですが、ここはがんばりどころだと思っています。

私は、現在は苦手な単語をノートに書いているのですが、いい英単語帳をみつけたら乗り換えたいです。

イメージを取り入れる

これは最近始めたのですが、かなりおすすめです。

英単語とその単語が持つイメージとをまとめて覚えます。

具体的には、英単語を画像検索します

すると、その英単語のもつイメージ写真やイラストがでてきます。

単に英単語を見ても、ほんと全然覚えられないんですが、イメージにすると、単語の意味が頭に残りやすいです。

 

例えば。

「ledge」という英単語がなかなか覚えられませんでした。

Oxford learner’s dictionaryによると

ledge: 1.a narrow flat piece of rock that sticks out from a cliff 2.a narrow flat shelf fixed to a wall, especially one below a window

例:seabirds nesting on rocky ledges

 :She put the vase of flowers on the window ledge.

これが、全然覚えられなくって。。。

これを画像検索してみます。私はYahoo!を使ってます。もちろんgoogleでも。

 

◆ 通常ウェブ検索を使うことが多いですが、「画像」を選択して英単語を入力します

 

◆ その英単語に関連する画像が表示されます。

 

◆ 画像を眺めて、この英単語はこういうイメージなのね、と頭に取り込みます。


画像検索することで、こういった画像イメージと「ledge」が結びつきやすくなります。

 

そうすると、脳が

ledge=デッパッテル感ジネ、という回路をつくるみたいです。

やっているうちに、単語を思い出そうとした時に、ふっと画像が浮かぶようになります。

 

これって、英語学習で必要な英語を英語で考える、につながりそうです。

日本語に置き換える作業がないので、英語を話すときにも役立ちそうです。

 

 

なんどやってもしばらくすると忘れちゃう英単語。

せっかくの努力を無駄にしたくないので、ちょっと手間ですが、こんな方法もありですよ。

ではまた(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください