successに関する英語フレーズ~短編ドラマで学習

BBC Learning English サイトのドラマ:White Elephant の第11話で学ぶフレーズ紹介です。

MEMO
「The White Elephant」とは?
BBC Learning Englishが作成。新しいレストラン「The White Elephant」を舞台にしたドラマです。ドラマといっても1話あたり2分程度でコンパクト!

マネージャー・シェフ・ウエイター・皿洗いの4人が登場するストーリー。

それぞれの回ごとにテーマがあって、テーマに沿ったフレーズが出てきます。

コンパクトでテンポが良く、とってもためになる教材です。登場人物それぞれアクセントがあって、そこがまたイイと思います。

過去のストーリーで扱ったテーマ

今までのテーマはこちらをご覧ください。

第1話:Panic!、第2話:quick、第3話:broken、第4話:Annoyed、annoyance、第5話:Happy

第6話:kindness、kind act、第7話:Late、第8話:Lucky、第9話:secrets、第10話angry

第11話のテーマは「success」

~第11話のストーリー~

皿洗い担当のメアリーが何か手紙を見てうれしそうです。ウェイターのピーターが聞くと、PhD試験の合格通知でした。

シェフのゴードンはドクターよりもシェフの方が偉いと言わんばかりの態度。そんなとき、客の1人が料理を食べて体調不良になってしまいます。

The White Elephant 第11話:The White Elephant: Episode 11: Success

第11話で紹介されたフレーズ、関連フレーズをメモします
  • feather in your cap
  • a lucky break
  • a track record
  • a roaring success
  • don’t count your chickens before they’ve hatched
  • top dog
  • a secret admirer

スクリプトをチェック~。

+++++++++++++

PhDの合格通知を見て喜んでいるメアリーに、ウェイターのピーターがおめでとう!と声を掛けます

Mary:Yes – I’ve been studying for a PhD – and it says here, I’m a doctor!

Peter:Oh well done Mary – Doctor Marigold – another feather in your cap. You’re so clever.

Gordon:What’s that? You’ve qualified to be a ‘doctor’. Well done… although personally I think the world needs more chefs than doctors – everybody needs to eat. But well done… you’ve had a lucky break.

feather in your cap

意味:an achievement to feel pleased about

自慢できること、みたいなニュアンスです。

a lucky break

意味:a piece of good luck / a good opportunity

+++++++++++++

合格通知に喜ぶメアリーに、ゴードンが張り合います。

Gordon:Of course, I know all about success. I’ve got a track record for creating world-class food and winning numerous awards – just ask Ceilia.

Mary:So what’s the secret to your success Gordon?

a track record

意味:a reputation based on performance or experience

 

+++++++++++++

ゴードンがピーターに準備できた料理を渡します。得意げなゴードンにメアリーが釘を刺します。

Gordon:Yes! Now I want you to take this to table two… it’s one of my best recipes… it’s always a roaring success.

Mary:Hmm… don’t count your chickens before they’ve hatched.

a roaring success

(informal) 

意味:very successful

roaringは

・名詞:うなり音、とどろき、
・形容詞:ほえる、騒々しい、お店などが繁盛している、
・副詞:ひどく、極度に

などの意味があります。

roaring drunk 極度に酔っぱらう、の意味になります。 

don’t count your chickens before they’ve hatched

(ことわざ)

意味:don’t make plans based on something being succesful until it actually proves to be a success

直訳だと「卵がかえる前にひなを数えるな。」となります。

???ですが、日本語でいうところの、「捕らぬ狸の皮算用」といったところでしょうか。

最後まで何がおこるか分からないから、当てにするな・あまり楽観的になるなと警告する時に使います。

+++++++++++++

 

Gordon:There you see… that’s why I’m top dog in this kitchen.

top dog

best or most important person in a group

top dogという言い方があるんですね。

そういえば、underdogという表現をオンライン英会話の表現で習いました。

underdogは敗者、負け犬の意味です。

【関連記事】kiminiオンライン英会話のfoodコース20回終了。学んだ単語メモ

 

さらに、overdog という言い方もあるみたいで。。

overdog ​

意味:a person, organization or country that is successful or in a stronger position than others, especially when they seem to have an unfair advantage ;opposite underdog

うーん。ややこしい。

+++++++++++++

その他学習した表現

手紙を見ているメアリーにピーターが声を掛けたときに使った表現です

Peter:Table two weren’t too keen on the soup. Ooh, what’s that? A letter from a secret admirer?

a secret admirer

密かに(あなた)に思いを寄せている人、のことです。

「かくれファン」みたいな感じです。

ネイティブっぽい表現ですねー。

+++++++++++++

勉強になりました。

ではまた(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください