産経オンライン英会話の無料体験。安心感がピカイチでした

今回は産経オンラインの英会話を体験しました。

産経、って聞くと日本っぽくって安心な気がしますね。

産経オンライン英会話は、産経デジタル、ヒューマンホールディングス株式会社、トランスコスモス株式会社の3社による共同事業です。

名前からもわかるように、大手の新聞、教育事業、IT分野の会社がタッグを組んでいるので、安心感が大きいですね。

国内オンライン英会話スクールで唯一、2種類の教育ISO 認証「ISO29990:2010」「ISO29991:2014」を取得しているそうです。

あまり、ISOについてはよくわかりませんが(笑)、なんだか体制がしっかりしていそうです。

産経オンライン英会話について

産経オンライン英会話の特長

産経オンライン英会話は、産経デジタル、ヒューマンホールディングス株式会社、トランスコスモス株式会社の3社による共同事業だそうです。どれも、聞いたことがある名前ですね。

大手の会社がバックアップしているので、いろんな意味で安心感が大きいです

産経オンライン英会話が選ばれる3つのポイントとして、

  • 初心者から上級者までニーズに合わせて学べる無料教材
  • 採用率1.2% 優秀な講師陣
  • 信頼の法人と2種類の教育ISO認証で安心して受講できる

とありました。

無料体験レッスンを受講した私としては、どれも「うんうん」とうなずけるものです。

また、「会員様が当社を選んだ理由は“安心感」として

安心の信頼度、安心の継続性、安心のサービス

を挙げてました。

実際、かなり良かったです

また、GCATというコースがあり、GCATってなんだろう?と思ってたら、

産経オンライン英会話の、独自に開発した認証テスト

とのことでした。

レッスンの時間内に追加料金なしに受験できるというもの。

オンライン英会話は上達しているか、とか進捗がわかりにくいので、こういった指標があるのはうれしいです!

産経オンライン英会話の概要

レッスン時間帯 5:00~25:00
予約締切

30分~7日前

スマホ受講 可能
1レッスンの時間 25分間
システム スカイプ使用
テーマ 日常英会話、ビジネス英会話、職業別英会話、教科書準拠、フリートーク、TOEIC、大学入試外部検定試験対応、GCAT、ニュースディスカッション、CASEC
料金

・毎日25分プラン/5,537円
・毎日50分プラン/9,074円
・週末毎日50分プラン/5,537円

その他追加チケットプランあり

支払方法 クレジットカード、Paypal、銀行振込

※すべて税抜きです

産経オンライン英会話はこちら→

 

無料体験の流れ

無料登録すると、2回無料体験レッスンが受けられます。

1.無料登録します。

2.体験予約します。時間帯など指定して予約。

3.レッスンを受けます。

4.レッスン終了後、レポートが届きます。

産経オンライン英会話 体験記

1.無料登録する

まずは登録のページにいき、登録します。↓

体験無料!産経オンライン英会話

 

無料会員登録を行うと、無料でレッスン2回の受講と『勉強したくない人のための 英語やり直しここからBOOK(PDF版)』をプレゼントします。

という記載があります。

そりゃ、ダウンロードしちゃいますよね(笑)

2.体験レッスン予約

講師は結構いるので、予約は取りやすそうです。

30分前までに予約をしないといけないのですが、講師の都合を考えるとそっちの方が制度的に私は好みです。

 

講師の紹介ページはかなり見やすい!情報たっぷりなので選びやすいです。

もちろん、メッセージビデオもついています。

コースを選んで予約します。

私は日常会話を選択しました。

体験レッスン用のテキストが準備されているので安心です。

また、コースごとにテキストがあります。体験用でも通常コース用のテキストでもどちらを使用してもOKです。

コース教材の豊富さにびっくりです!

私は体験用ではなく通常コースのテキストを使いました。

3.体験レッスン受講

いつも通り、やさしそうで明るそうな講師を予約しました。

自己紹介から始まり、ちょっとフリートークして、テキストに進みました。

こんな感じのテキストで、

トピック、記事、ボキャブラリー、クエスチョンがあります。

実際にテキストのトピック名を読むところからスタートし、「写真には何がうつってる?」という質問に対して説明したりするところからスタートします。

レッスン中、発音がおかしなところは修正してくれます。

テキスト最後にQuestionが4,5問ほどあるのですが、これがいい!

何かを説明するというのがすごく役立ちそうです。

4.フィードバック

すごく丁寧にフィードバックがありました。

レッスン中は軽く伝えられ、詳細はメッセージでフィードバックされます。

例えば私の場合ビリヤードと、neededの発音の指摘がありました。

“d”の発音が苦手のようだという指摘があり、後で具体的なフィードバックがありました。

1. billiards
Instead of saying: bir-yas
You can say: bil-yerdz

2. needed
Instead of saying: need
You can say: nee-did

また、Sentence Correctionsとして、

2. Instead of saying: “It arouse my interesting.”
You can say: “It arouses my interest.”

などとありました。

すごーく具体的で助かります!これはためになります。

産経オンライン英会話の感想、おすすめ点・いまいちな点など

おすすめ点

・講師の質が高い(という印象)

・システムが使いやすい

・情報量が多い

・安心感が絶大

でした。

 

それにしても、語尾にくる”d”の音が発音できてなかったのを教えてもらったのは、大収穫でした。

全然気づいていませんでした。

発音チェックのアプリで試すと、全然dが言えてない。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン。

dって難しい。。。

 

いちどお試しください~

 

 

ではまた(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください