TOEICに向けて~仮定法現在を学ぶ

仮定法現在。

昔ならったんでしょうけど。。

わすれました。

現在、TOEICの勉強をしてたら出てきたので、確認のためメモっときます。

仮定法は、仮定法過去とか仮定法過去完了とか有名ですが、今回は「仮定法現在」について確認します。

仮定法現在とは?

いわゆる仮定法は、「(実際はちがうけど)もし〇〇なら~なのに(だったのに)」ってやつですよね。

仮定法現在は、そんな実際とは違うことを望んだりするのとちがって、

現在や未来に関する不確実な仮定や想像を表します。

 

「~になるかならないかはよく分からないが、

  ~になって欲しい、~やってほしい

というかんじ。

動詞と仮定法現在

よく、「提案・要求・依頼・希望・決定などを表す動詞に続くthat節内の動詞は原形」と言われますよね。

英語では、まだ現実になっていないことは(希望しているだけ、とか相手次第とか、話者の頭の中だけのこと)は時制はなく、「原形」で表すそうです。

確かに、仮定法過去とかだと、”実際はちがうけど”というニュアンスが入るのに対して、仮定法現在はこれからのことについて言うので”実際どうか”、まだどうなるか分からないんですよね。

なので、that節内で続く動詞も、仮定法過去のように「過去形」とまで現実感をなくすほどにしなくても、「現形」にすればいいのか!と理解しております(違うかもしれませんが、覚え方としてこれでいいっか~)

 

例文*Mr.Stallard has requested that sales representatives return their customers’ telephone calls immediately and without fail.

(Stallardさんは、顧客からの電話には、必ずすぐに折り返し返事をするように営業担当者に求めている。)

(TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 より)

 

とはいえ、よく使われる単語は決まっているみたいなので、それを覚えようと思います。

力技ですね~

 

要求・提案・依頼・希望などを表す場合の単語

要求・希望:ask、demand、insist、request、require、desire、order、urge(言い張る)

提案・依頼:propose、suggest、recommend、advise、commend、order

決定・:decide determine

なお、主節の時制が過去であってもthat節の動詞は原形にします(時制の一致はない)。

 

検索していると、「drips の後ろは原形」と教えている先生もいるようです。

 (demand・desire / recommend・request・require / insist / propose / suggest )

なるほど!これはいいですね!

形容詞の後のthat節内の原形動詞のルール

動詞のほか、形容詞にも同じように、後に続くthat節内では原形動詞を使う、というものがあります。

動詞の時と同様、要求・提案・願望を表す形容詞などは、原形動詞をとりますよー。

「そうなってほしい」というまだ実現していない願望なので原形動詞です。

 

例文*It is imperative that an agreement be reached on this safety matter in order to minimize further disruption to our factory operations.

(工場業務のさらなる混乱を最小限にするため、安全に関するこの問題について合意に達することが非常に重要だ)

(TOEIC L&Rテスト 出る単特急 金のセンテンス より)

 

ほか、

essential(きわめて重要な)、important(重要な)、imperative(非常に重要な)、vital(不可欠な)、crucial(非常に重要な)、proper(適切な)、essential(必須な)、impossible(不可能な)、necessary(必要な)、desirable(望ましい)

なども、that節内では動詞原形が続きます。

なんだか、重要、不可能、必須みたいな感じの形容詞は要チェックなのかなー。

 

あー、難しい。。

勉強になりました。

 

ではまた(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください