「Happy」のシチュエーションで使える英語フレーズ

BBC Learning English サイトのドラマ:White Elephant の第5話のフレーズ紹介です。

まずは、おさらい。

「The White Elephant」とは?
 BBC Learning Englishが作成。新しいレストラン「The White Elephant」を舞台にしたドラマです。ドラマといっても1話あたり2分程度でサクッとみられるので、英語学習者にぴったりです

マネージャー・シェフ・ウエイター・皿洗いの4人が登場するストーリー。

それぞれの回ごとにテーマがあって、テーマに沿ったフレーズが出てきます。

コンパクトでテンポが良く、とってもためになる教材です。登場人物それぞれアクセントがあって、そこがまたイイと思います。

第5話のテーマは「Happy」です。

The White Elephant 第5話 The White Elephant: Episode 5

Happy なシチュエーションでつかえるフレーズ

過去のストーリーでの勉強は、こちら。

第1話:パニック!のシチュエーションで役立つ英語フレーズ

第2話:quick(早く!)といいたいときに役立つ英語フレーズ

第3話:broken(壊れた)!のときに使える英語フレーズ

第4話:Annoyed、annoyanceなときに使える英語フレーズ

 

第5話は「Happy」です。

ここにきて、すごく使えそう。会話の中で、Happyって使いますもんね。

~ストーリー~

舞台はオープンしたばかりのレストラン「The White Elephant」。

シェフのゴードンがいつになく上機嫌!みんなは不思議に思いますが、いつも通りのゴードンに戻ってしまいます。一体なにがあったんでしょう。。

第5話で紹介されたフレーズ、関連フレーズをメモします

full of the joys of spring

意味:very happy / cheerful

いつになくうれしそうなゴードンに対し、シーリアがかけたことばです。

Ceilia:You seem… full of the joys of spring. Are you feeling OK Gordon?

Gordon:You mean happy? There is nothing wrong with being happy… now, where did I put the onions?

on cloud 9(nine)

意味:very happy

あまりに上機嫌なゴードンをみたシーリアが、気味悪がって同僚のメアリーに言った言葉です。

Ceilia:Do you think there is something odd about Gordon today?

Mary:Yes… he’s cheerful. He seems to be on cloud 9.

Oxford learners Dictionaryには、(old-fashioned, informal) と記載がありました。

on top of the world

意味:feeling happy because things are going well for you

同僚のメアリーも、ゴードンに上機嫌の理由を聞きます。

Mary:Hi Gordon. Ceilia’s worried about you… has something happened? You just seem very… happy.

Gordon:I am on top of the world actually… don’t tell Ceilia but I might have a new job! I had an interview yesterday. 

カーペンターズの「top of the world」は関係あるのかなー?

ちなみに、topで関連していうと、「over the top」は、やりすぎ、行き過ぎ、という意味になります。

thrilled to bits

意味:excited and pleased

メアリーがゴードンに対して「それはワクワクするね!」と同調して話します

Mary:Wow! I bet you’re thrilled to bits.

Gordon:I am Mary – oh the idea of working in a proper restaurant, with customers who appreciate my food, and the pay’s better too. Ah, that bit was music to my ears.

“to bits”=(informal) very much

だそうです。

music to my ears

意味:information that makes you happy / pleased

何かいい知らせを聞いて、すばらしい!っていう時に使われるみたいです。

今度、I’m happy to hear thatとかの代わりに“That is music to my ears!” 使いたい。

jump for joy

意味:show great excitement / happiness

ゴードンに不採用の電話がかかってきた後、シーリアが発したことばです。

CeiliaOh, let’s all jump for joy shall we! Gordon is going to be with us a little bit longer.

その他の学習記録メモ

under a cloud

意味: other people think that they have done something wrong and are suspicious of them

例文:She resigned under a cloud of suspicion

on cloud 9 と合わせて覚えたいと思います。

I’ll get that shall I? 

電話が鳴り、ウェイターのピーターが「僕でますよー」というニュアンスで発した言葉。

このドラマ中、I’ll ….,shall I?というのがよく出てきます。

他の回になりますが、

I’ll make one of my special chef sauces shall I?

I’ll just go and make some calls, shall I?

とか。~しますよ、というようなニュアンス。こういう使い方をするんですね。

Let’s ~,shall we?は習った記憶がありますが。それの一人称バージョンってかんじなのかなー。

コレ、使いたい

 

勉強になりました。

ではまた(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください